腰痛の種類と整体でできること

腰痛とは

腰に痛みや張り、しびれ、違和感などを感じる状態を指し、厚生労働省の身体の不調ランキング上位2位である(Wikipedia引用)

緊張性腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)
筋肉などに過度なストレスが掛かることで、筋肉が緊張することで引き起こされる腰痛である。過度なストレスを強いられると、交感神経は常に優勢になり活発化し緊張を強いられ、余計な他の筋肉などにも力が入る。すると崩れたバランスを調節しようと腰の筋肉に負担が大きくなり、腰痛が発生する。

慢性腰痛
腰痛が、3か月以上継続する場合、慢性腰痛という。慢性腰痛では、不安やストレスなどの心因性因子の関与が大きい。急性腰痛から慢性腰痛への移行は、しばしばイアトロジェニックである

心因性腰痛
ある調査によれば、腰痛患者のうち38%には、心理学的障害が認められた。福島県立医大の整形外科と精神科は、共同で、心因性腰痛であるかどうかを判定する簡単な質問紙BS-POPを作成している。心因性腰痛である場合は、心身症、または神経症、またはうつ病の治療が奏功することがある(Wikipedia引用)

こんな悩みでお困りではないですか?

  • 腰の痛みが1週間以上続いている
  • 接骨院や病院で温めたり電気治療してもらっている
  • 前かがみや後ろを振り向く動作をすると痛む
  • 仕事中同じ姿勢や同じ動作を繰り返している
  • 腰だけでなく股関節にも違和感がある
  • 骨盤の位置がきになる

腰痛の原因


現代ではパソコンやスマホの普及により身体を使うことより
身体を固定させ、座りながらの事務作業(パソコン)や
電車や休憩時にはスマホを片手に持ち画面を見続ける方が増えてきています。

そうすることで頭が前に突き出し腕や指先は疲労し腰は曲がり、腰痛や
股関節痛まで引き起こします

頭の重さはボーリングの玉(約6キロ)くらいあります。
頭を前に突き出すことで肩は丸まり(猫背)、肩は腕の重みも負担が来るので
腕からの疲労が血行不良を引き起こし、腰、股関節や足先への血行不良も起こします。

腰痛の症状

筋肉の緊張が常にある状態なので腰だけでなく腰を支えているお腹の筋肉(腹圧)まで硬くなっているかも
しれません。またお腹の筋肉が腰の筋肉を引っ張り腰へ痛みをともなっているかもしれません。

当院での腰痛施術

当院では腰痛を誘発しているゆがみに着目し、肩だけではない原因を
みつけることにより、再発防止や日ごろのケアの方法までお伝えさせていただきます。
女性整体師が施術

 

 

関連記事

  1. ぎっくり腰や寝違え等の急性症状と整体

  2. 腸と自律神経

  3. お客様の声

  4. 手首痛(腱鞘炎)とスマホ手首痛

  5. SP_MV

    「コリ」の正体は??

  6. 梅雨時の体調不良